全商品を見る
トップページ> くだもの歳時記> カテゴリー: さくらんぼ

くだもの歳時記

カテゴリー: さくらんぼ

さくらんぼ、紅秀峰の特徴と強みとは

紅秀峰 大粒さくらんぼ 紅秀峰通販

    「紅秀峰」の生産、栽培上からの特徴 寒河江市島にある山形県立園芸試験場(現山形県農業総合研究センター園芸試験場)において昭和54年に佐藤錦に天香錦を交配して得られた実生から選抜育成され、平成3年に品種登録されました。   樹勢はやや強く、樹姿は中位である。枝の発生が多く、花芽の数も良好で、結実良く豊産性である。開花は早く、4月下旬で佐藤錦より数日早い。   果実の大きさは8グラム...... 続きを読む

さくらんぼ 紅秀峰の実力と佐藤錦の現状

紅秀峰 朝採れ 大粒さくらんぼ

    紅秀峰(べにしゅうほう)は晩生種で、佐藤錦の後に収穫が始まります。佐藤錦より2週間ほど遅い露地物は山形県辺りでは6月下旬~7月中旬に収穫されています。       大粒さくらんぼ 紅秀峰(べにしゅうほう) は期待の新星 『佐藤錦』よりも約2週間ほど遅れて収穫される晩生種の品種です。 簡単に紹介しますと、紅秀峰は昭和54年に山形県で、『佐藤錦』と『天香錦』という品種を交配して開発された...... 続きを読む

山形さくらんぼ、次の100年を担う品種と新技術

母の日さくらんぼ 紅秀峰 佐藤錦

日本のさくらんぼの歴史が約150年です。山形さくらんぼは佐藤錦を中心に、その中で大きな役割をしてきました。これから山形サクランボを考えるとき、佐藤錦のウエイトを下げた新しいスタイル、新しい品種とその品種構成によって次のステージに移らないといけない時期になっています。         従来の方法から新技術での省力化へ未来の新技術も 山形県の農業生産技術試験場では、省力化のために木をコンパクトにする3...... 続きを読む

さくらんぼ・佐藤錦は、なぜ高価なのか

さくらんぼ 鏡詰め 佐藤錦

    さくらんぼの色濃くツヤがある「背中」だけをみせる手詰めと鏡詰め もらって大感激の佐藤錦をきれいに並べた「手詰め」。サクランボ。2L以上の大粒ばかりを並べて詰めた「鏡詰め」はもっとすごい。鮮やかに赤く、容れ物にすき間なくきっちりと並べられた様子は、さながら名人芸を見るようですね。一つ一つサイズプレートと付き合わせて大きさを選別しています。   同サイズのものだけを並べていくが、熟練した腕がないとこうはいかな...... 続きを読む

佐藤錦を超える さくらんぼの品種とは

完熟さくらんぼ 佐藤錦 山形さくらんぼ

    佐藤錦の実力は本当なのか?  ポスト佐藤錦とは? さくらんぼと言えば佐藤錦、20世紀最高の品種と絶賛され、生食用としては他を寄せ付けない圧倒的な支持と人気を得て山形サクランボの王様の地位はゆるぎないように見えますが、ようく見ると本当は欠点が無い分けではありません。   初夏のルビー色の果樹園の宝石に君臨する「佐藤錦」にも 大きな悩みがあります。完熟の佐藤錦の 味は絶品であるが。美味しいものほど命は短く劣化...... 続きを読む

「完熟さくらんぼ」の鮮度を保持してお届けするために

完熟さくらんぼ 佐藤錦 山形さくらんぼ

「ふるさと小包」の参加がサクランボ通販のきっかけ に 山形県の特産品や農産品を全国にお届けして多くの皆様にお客になってもらいたいとの思いから、昭和62年に郵便局の「ふるさと小包」事業に参加することから始まりました。   参加してみると「さくらんぼ」はとても全国的に人気の高い商品であることが解かりましたが、さくらんぼの通販は一方でお客様からのクレームも多い商品であることも思い知らされました。   特に品質に対して...... 続きを読む

さくらんぼの発送方法は常温便か?クール便か?

さくらんぼ クール便 常温便

  さくらんぼをお客様にお送りするとき、クール便か? 常温便か? 味の農園では長年(30年)にわたり宅急便を利用してきた経験とサクランボのお届け件数、数十万個を扱ってきた豊富な事例があります。       さくらんぼはデリケートなので常温便でのお届けが基本です さくらんぼはデリケートで日持ちが悪く、劣化しやすい果物なのです。中でも特に佐藤錦は温度変化と湿度変化(乾燥と結露)に弱いので、保存する場合...... 続きを読む

さくらんぼの上手な取り扱い方とは

さくらんぼ 取り扱い方 佐藤錦

    私たちはサクランボの上手な取り扱い方を実践いただいて多くの皆様に山形特産のサクランボを美味しく召し上がっていただきたいものと考えています。 そこで   1、サクランボ特有の性質からみた取り扱い方とは   2、サクランボの生産現場からみた取り扱い方とは   3、サクランボの発送方法からみた取り扱い方   4、サクランボの受け取りから召し上がりまでの扱い方   &...... 続きを読む

さくらんぼ「佐藤錦」の保存方法とは

さくらんぼ保存 さくらんぼ 佐藤錦

  サクランボはデリケート、温度と湿度の変化に注意 さくらんぼは日持ちが悪く、劣化しやすい果物で温度変化と湿度変化(乾燥と結露)に弱いので、保存する場合は細かな注意が必要です。また、さくらんぼは基本的に3日以上の保存には問題があると思った方がいいでしょう。   保存する場合は、プラスチックの容器から出して、乾燥させないよう新聞紙、クッキングペーパーなどに包み、常温便で届いた場合は冷暗所、クール便の場合はすぐ冷蔵庫に入れ保存し...... 続きを読む

完熟さくらんぼ「佐藤錦」の美味しい食べ方

 完熟さくらんぼ 佐藤錦 完熟サクランボ

せっかくサクランボを食べるのなら新鮮で粒が大きくて果皮に張りとツヤがあり、色が鮮やかなものを選びましょう。皮が黒っぽくなっていたり褐色の斑点があるものは避けてください。また軸が茶色ではなく青々としているものが新鮮です。産地からのお取り寄せを佐藤錦を頼むなら朝採れさくらんぼを選んだほうが、より新鮮で完熟なさくらんぼが期待できるはずです。   価格をしっかり確認して訳ありなどではない確かな品を選んだほうが価値を感じるはずです。   &n...... 続きを読む

美味しいさくらんぼ、佐藤錦の選び方

さくらんぼ 佐藤錦 選び方

    「黄色いさくらんぼ」は缶詰用の早もぎサクランボだった 明治維新に日本に「さくらんぼ」の苗木がヨーロッパとアメリカ合衆国から輸入されてから150年以上経過しています。完熟したサクランボの生食用が一般化したのは昭和50年代になってからで、それまでは缶詰加工したものが主流の食べ方だったようです。   古い話になりますが、昭和中期に「黄色いさくらんぼ」という歌が流行しました。中には懐かしいと思われる方もいらっ...... 続きを読む

山形さくらんぼ100年の歴史とは

さくらんぼ 歴史 佐藤錦

    さくらんぼが日本に渡来したのは明治元年 サクランボが日本に渡来したのは明治元年のこと、山形県へは明治8年に入ります。この時は全国で試作されたのでしたが、山形県のほかではほとんどが霜害・梅雨・台風被害のため失敗しました。   被害が比較的少ない山形県だけが実績を上げることができたのですが、時代背景的には米、穀物などの基礎食料が優先。果物ではリンゴ、梨などの大衆消費が重要であり嗜好品的な果物には、重要性が...... 続きを読む

さくらんぼの原産地と分類とは

さくらんぼ 佐藤錦、原産地

さくらんぼは有史以前から人類に食されていたくだものとされています。さくらんぼの原産地は、甘果おうとうはイラン北部からコ-カサスを経てヨーロッパ西部。酸果おうとうは黒海からイスタンブール周辺といわれます。   紀元前65年古代ローマの将軍が黒海南岸のケラソス(Kerasos 現在のトルコのギレスン(Giresun))付近でさくらんぼの木を見つけ、ローマに持ち帰り、その後ヨーロッパ諸国に広まったということです。 さくらんぼの属するサクラ亜属の学名Cerasu...... 続きを読む

佐藤錦の誕生が山形さくらんぼ発展の原点

佐藤錦 サクランボ 山形さくらんぼ

サクランボ(桜桃)が日本に渡来したのは明治元年のこと、山形県へは明治8年に入ります。それから24年後、佐藤錦は大正元年に誕生することになります。   この時は全国で試作されたのでしたが、山形県のほかではほとんどが霜害・梅雨・台風被害のため失敗。被害が比較的少ない山形県だけが実績を上げることができたのですが、時代背景的には米、穀物などの基礎食料が優先でした。   果物ではリンゴ、梨などの大衆消費が重要であり嗜好品的な果物、サクランボに...... 続きを読む

母の日さくらんぼ「佐藤錦」とは

佐藤錦 母の日さくらんぼ 温室さくらんぼ

「母の日サクランボ」佐藤錦は2月中旬に花が満開 母の日に使うギフト用の温室さくらんぼを「母の日ギフトさくらんぼ」「母の日さくらんぼ」と呼んでいます。このサクランボは収穫から逆算すると2月上中旬にサクランボの花が満開をむかえることになります。   満開のときに大事なのは、なんといっても収穫をささえる受粉、交配という仕事になります。そのために大量のミツバチをたくさん温室に放しています。   さくらんぼは、1本の樹で...... 続きを読む

さくらんぼ「佐藤錦」の温室栽培とは

温室さくらんぼ 佐藤錦 母の日さくらんぼ

  サクランボに「春が来た」と騙しの栽培方法 自然の状態の落葉果樹ですとサクランボは秋に花芽をつけたまま落葉して、冬になって雪が舞うほどの気温が低くなると休眠(次の活動のため栄養を蓄え活動を停止して眠る)します。   積雪の冬を越して、春に一定の気温に達するまで休眠状態を保つと春には花が咲き受粉して果実をつけることになるのです。生産者にお聞きすると「暖冬よりは冬は長く雪が降った方が休眠が充分とれて春からの生育が旺盛で順調...... 続きを読む

「さくらんぼ応援隊」を募集します

さくらんぼ応援隊 佐藤錦 山形さくらんぼ

さくらんぼ生産の現場に人手が足りない サクランボ生産の人手不足を解消する   今年のさくらんぼは近年にない豊作、一部の見方では「50年ぶりの豊作」ともいわれているようです。いよいよ佐藤錦が終了し晩生種の収獲を残すのみになりました。   いずれにしても豊作はありがたいことですが、現状のさくらんぼ栽培の現場の課題として収穫する人の問題を含め全般的に「人手不足」という大きな問題が顕著に産地では話題になるようになりました。 &...... 続きを読む

佐藤錦を豊作に導く品種ナポレオンとは

さくらんぼ ナポレオン 授粉樹

  ナポレオンの導入は明治初期から現在まで生き残る さくらんぼの歴史は古く、有史以前から食べられてきたといわれています。世界にあるさくらんぼの品種は、1,500とも2,000ともいわれています。日本には、明治時代に外国から約80品種が導入されました。山形には、明治8年(1875)に東京から、洋なし・りんご・ぶどうなどの苗木にまじって、ヨーロッパ系の3本のさくらんぼの苗木が入ってきました。   明治9年(1876)には、初代の山形...... 続きを読む

さくらんぼの葉摘み作業とは

さくらんぼ 葉摘み 佐藤錦

  摘果が終り、雨除けハウスがかけられると「葉摘み」   5月下旬にサクランボの栽培は雨除けハウスがかけられると収穫までは「葉摘み」とか「葉っぱ摘み」という作業が雨除けハウスの下で作業が続きます。余計な葉を落とすことで日光が射してサクランボの実の着色を促しサクランボの品質を高めてくれます。   葉摘みをすることによって、その樹全体の日射量を良くし、風通しを良くし、どの果実にも日光が届くようにしているのです...... 続きを読む

サクランボの色着き、お腹と背中とオヘソ

佐藤錦 さくらんぼ 山形サクランボ

      さくらんぼの色着きは温度格差大きいとすすむ 今年の佐藤錦の収穫は平年より少し早く、来週くらい(6月中旬)から雨除けハウスのさくらんぼは佐藤錦の収穫が始まりそうです。生産者の方々にお聴きすると実の着色に注目して色付きをみて収穫を決めるのだそうです。   そのサクランボの着色が良くなるには葉摘みなどの作業のほか一日の温度格差(最高気温と最低気温の差)が大きいと着色がすすみ、逆に温度格差がな...... 続きを読む



ページの先頭へ戻る

Copyright©味の農園 All Rights Reserved.