全商品を見る

くだもの歳時記

アーカイブ:

佐藤錦 配送に関する扱い方法とは

さくらんぼ佐藤錦 さくらんぼ通販 山形さくらんぼ

さくらんぼ通販30年の経験と教訓から クール便での事故の原因のひとつに、冷蔵庫の冷気の強すぎることによる「冷気ヤケ」という現象があります。集配の小型の車ではならないのですが、各地のセンター間に走らせている大型の冷蔵車に積まれてから発生するようです。 冷気の吹き出し口に近いところや直接冷気がかかるところにおかれると、サクランボは凍結してしまうことがあるのです。凍結してしまったものがまた別の便に乗り換えられるととけて黒ずんだ茶色のサクランボになってお客...... 続きを読む

サクランボが高価な理由とは

さくらんぼ価格 さくらんぼ佐藤錦 山形さくらんぼ

    サクランボは細かい熟練した手先の作業 サクランボの高価になる理由をサクランボの生産にかかわる作業面から解りやすく説明したいと思います。煌びやかなルビーのサクランボが収穫されるまでの物語です。 まだ雪がちらつく頃、さくらんぼの花咲くはるか前、まだ積雪のある2月頃から粒を大きくするために目欠き作業という蕾を間引く作業をしています。静かな果樹園の中で脚立の移動を繰り返し、手先の感覚だよりの作業なため手袋に指先がないもの...... 続きを読む

さくらんぼ物語 佐藤錦誕生まで

さくらんぼ物語 さくらんぼ通販 山形さくらんぼ

  日本にサクランボ苗が輸入される 日本にサクランボの苗が輸入されたのは明治元年のこと。北海道開拓の一環としてさくらんぼの苗木が導入され、そこから全国に苗木が配られ日本での作付が始まります。  明治維新の西洋化の流れに乗って日本に最初にヨーロッパ系のセイヨウミザクラが入ってきた明治元年(1868年)に最初にサクランボを植えたのはドイツ人のガルトネルが北海道に合った6本のさくらんぼを植えたとあります。 この時持ち込まれ...... 続きを読む

さくらんぼ詰め方 バラ詰め 手詰め 鏡詰め 違いとは

山形さくらんぼ さくらんぼ佐藤錦 さくらんぼ通販

    佐藤錦「バラ詰め」はご自宅用に最適です  サクランボの詰め方には、バラ詰め、手詰め、鏡詰めがあります。用途に応じて量目(重量)も品種も様々に内容が変わります。 バラ詰めには、紙の箱に直にサクランボ詰めるやり方と、パックバラと呼ぶプラスチックの容器(500g用、300g用)にバラバラに詰めるやり方があります。パックバラの詰め方は紙の箱に直接詰めるのと比べると無造作に詰めると500gの場合は定量にならないの...... 続きを読む

山形でさくらんぼ狩りを楽しむ

サクランボ狩り 山形さくらんぼ 佐藤錦

    ルビー色の実を口いっぱいに頬張ろう  初夏の訪れとともに可愛らしい実をつける、さくらんぼ。高級品とも言われるこのフルーツを思う存分食べたい!という人にオススメしたいのが、さくらんぼ狩りです。   さくらんぼの季節は梅雨のシーズン、雨に弱いさくらんぼは屋根の下での栽培が基本。そのため雨の日でも安心して収穫を楽しむことができます。   実が小粒なので、さまざまな品種を食べ比べで...... 続きを読む

さくらんぼ生産現場の抱える課題とは

さくらんぼ収穫 さくらんぼ通販 山形さくらんぼ

山形県のサクランボは2017年収穫量が1万4600トン山形県の試算では算出額が過去最高の340億円を超え生産量、品質ともに日本一を誇っています。しかし、サクランボの労働力不足と生産者の高齢化は年々深刻になっている状況にあります。     さくらんぼ生産農家の高齢化 サクランボ栽培のいちばんの忙しい時期は収穫期、収穫期に欠かせないのが雨除けハウス、梅雨期に収穫するサクランボの品質を守るには欠かせない施設なのですが、ビニールを被覆す...... 続きを読む

山形さくらんぼの将来 ロボットが収穫する

さくらんぼ通販 山形さくらんぼ 佐藤錦

    さくらんぼ畑の収穫期の現状から報告  夜が明けきらない薄暗いうちからサクランボ畑では収穫がはじまります。脚立に上り、高い所は地上から3-4メートルのサクランボをとる。ベテランになると脚立の最上段に立ち両手を使ってサクランボを収穫していきます。手際良く実を傷つけないように注意深く慎重に摘みとっていきます。 夜が明けきらない薄暗いうちからサクランボ畑では収穫がはじまります。脚立に上り、高い所は地上から3-4...... 続きを読む

さくらんぼのサイズと等級の基準とは

山形さくらんぼ さくらんぼ通販 佐藤錦

    さくらんぼのサイズ基準は、都道府県により異なりますが、全国生産量1位の山形県の基準をお伝えします。そして山形さくらんぼの品質とブランドを守るために作られた「山形県青果物等標準出荷規格」があります。     ...... 続きを読む

さくらんぼ 栽培方法の違いとは

山形さくらんぼ 佐藤錦 さくらんぼ通販

サクランボの栽培方法には大きく分けて2種類あります。冬に加温して収穫を早める温室栽培(ハウスさくらんぼ)と通常栽培(露地栽培)です。       さくらんぼ温室栽培(ハウスさくらんぼ) 温室栽培は加温した温室で通常の栽培より収穫期を早める早出し栽培をねらった栽培方法。 秋から冬に一定の期間、低温(冬)を経験させた後12月から1月頃にビニールを被覆して室内を加温して暖め春のお天気を作り出して開花、授粉...... 続きを読む

さくらんぼ 佐藤錦と宅急便の出逢いが

完熟さくらんぼ 佐藤錦 山形さくらんぼ

    佐藤錦が通信販売のきっかけ 味の農園が通信販売を始めるきっかけは、山形県の特産品や農産品を全国にお届けして多くの皆様にお客になってもらいたいとの思いから、昭和62年に郵便局の「ふるさと小包」事業に参加することから始まりました。 参加してみると「さくらんぼ」はとても全国的に人気の高い商品であることが解かりましたが、さくらんぼの通販は一方でお客様からのクレームも多い商品であることも思い知らされました。 ...... 続きを読む

山形さくらんぼ100年の歴史とは

さくらんぼ 歴史 佐藤錦

明治21年(1888年)に山形県寒河江市の本多成允と渡辺七兵衛が中心となり、農産物試験場をつくり、 キャベツ・じゃがいも・りんご・さくらんぼなどの西洋野菜が、この土地にあっているかどうか試験をしたのです。 自分の畑に何種類かのさくらんぼを植えてみました。 水はけの良い畑にさくらんぼが合うのではないかと考えたのです。 やがて成允は農家の人たちに苗木を分け、植えるようにすすめました。 そして、これが大きくなると、赤い実をつけ、とてもよい収入になることがわかりました。...... 続きを読む

さくらんぼの原産地と分類について

さくらんぼ原産地 山形さくらんぼ 佐藤錦

  サクランボは古くからヨーロッパで食べられてきた さくらんぼは有史以前から人類に食されていたくだものとされています。さくらんぼの原産地は、甘果おうとうはイラン北部からコ-カサスを経てヨーロッパ西部。酸果おうとうは黒海からイスタンブール周辺といわれます。 甘果おうとうとは一般に生で食べられるサクランボのこと、酸果おうとうは生食では食べることのないジャムや菓子の原料、ジュース、などの加工品にして食べる、生で食べられない酸っぱいサクランボを...... 続きを読む

佐藤錦の誕生が山形さくらんぼ発展の原点

さくらんぼ佐藤錦 さくらんぼ通販 山形さくらんぼ

      さくらんぼ王国として全国生産の約75%を占める サクランボ(桜桃)が日本に渡来したのは明治元年のこと、山形県へは明治8年に入ります。それから24年後、佐藤錦は大正元年に誕生することになります。 この時は全国で試作されたのでしたが、山形県のほかではほとんどが霜害・梅雨・台風被害のため失敗。被害が比較的少ない山形県だけが実績を上げることができたのですが、時代背景的には米、穀物などの基礎食料が優先で...... 続きを読む

「さくらんぼ収穫応援隊」を募集しています

さくらんぼ応援隊 佐藤錦 山形さくらんぼ

さくらんぼ生産の現場の人手不足を解消するために 今年のさくらんぼは近年にない豊作、一部の見方では「50年ぶりの豊作」ともいわれているようです。いよいよ佐藤錦が終了し晩生種の収獲を残すのみになりました。   いずれにしても豊作はありがたいことですが、現状のさくらんぼ栽培の現場の課題として収穫する人の問題を含め全般的に「人手不足」という大きな問題が顕著に産地では話題になるようになりました。   このような状況が始ま...... 続きを読む

さくらんぼ 佐藤錦の葉摘み作業とは

さくらんぼ 葉摘み 佐藤錦

  摘果が終り、雨除けハウスが終り「葉摘み」 5月下旬にサクランボの栽培は雨除けハウスがかけられると収穫までは「葉摘み」とか「葉っぱ摘み」という作業が雨除けハウスの下で作業が続きます。余計な葉を落とすことで日光が射してサクランボの実の着色を促しサクランボの品質を高めてくれます。   葉摘みをすることによって、その樹全体の日射量を良くし、風通しを良くし、どの果実にも日光が届くようにしているのです。サクランボ全体に日光が射す...... 続きを読む

サクランボの色着き、お腹と背中

さくらんぼ通販 佐藤錦 紅秀峰

      さくらんぼの色着きは温度格差大きい程すすむ 今年の佐藤錦の収穫は平年より少し早く、来週くらい(6月中旬)から雨除けハウスのさくらんぼは佐藤錦の収穫が始まりそうです。生産者の方々にお聴きすると実の着色に注目して色付きをみて収穫を決めるのだそうです。   サクランボの収穫は色が着いたものから収穫したいところですが、何回か収穫するとストレスで実が軟化することになるので、ある程度全体に色づきが...... 続きを読む

何故 山形がさくらんぼ産地になったか

山形さくらんぼ さくらんぼ通販 さくらんぼ佐藤錦

      山形 さくらんぼの始りは明治維新から 日本にさくらんぼが入ってきたのは、明治元年(1868)です。ドイツ人のガルトネルが北海道にあった6本のさくらんぼを植えました。さらに、その後、北海道を開拓する人たちが、アメリカから25種類の苗木を輸入し、これを東京で育て、さくらんぼの苗木を全国に配りましたが、 東北や北海道を除いてはうまく実をならせることができませんでした。 いちばん早くに入ってきたのは、...... 続きを読む

完熟さくらんぼ 佐藤錦をまもる「雨除けハウス」

サクランボ通販 さくらんぼ佐藤錦 山形さくらんぼ

上記の写真は東根市の大森山から東根市のサクランボ畑を撮りました。白い所がビニールが広がった雨除けハウスです。 山形のさくらんぼの旬は6月から7月です。6月は雨の季節です。梅雨の始まりから終わりにかけて、梅雨とサクランボの旬が重なります。さくらんぼは収穫のころに雨にあたると実が割れたりして商品価値が無くなります。 このためにさくらんぼの生産農家はある工夫をしました。「サクランボの樹に傘のような屋根を架けよう」そうすれば雨が降っても大丈夫だと考えたので...... 続きを読む

サクランボ「佐藤錦」の豊作の条件とは

さくらんぼ通販 さくらんぼ佐藤錦 山形さくらんぼ

白い花で満開になったサクランボの畑は桜(ソメイヨシノ)とは違った妖艶な印象が感じられます。そして畑いちめんに甘いサクランボの香りがかすかに漂っています。ようく見るとミツバチやマメコバチが活発に蜜を集めに働いて飛び回っています。     サクランボは同じ品種同士では実がつきません 今年のサクランボ、佐藤錦は昨年より2-3日早く満開を迎えました。今年が暖冬だったことと、4月のこれまでのお天気が順調で温かい気温が続いたことが要因に挙げられ...... 続きを読む

佐藤錦 大粒さくらんぼは芽欠きに始まる

大粒さくらんぼ 山形さくらんぼ さくらんぼ通販

    「芽欠き」はサクランボの実の数の制限として 雪の中での剪定作業が終る2月に入ると、さくらんぼ畑では芽欠き作業が始まります。そのままにしておくと、たくさんの実が成るので自ずと小さい実になってしまうからギフト用の大粒で立派な実にするためには、「芽欠き」作業という手間をかけます。芽のうちからの間引き作業です。   大粒の佐藤錦などの「大粒さくらんぼ」をつくるために1本の樹につける「さくらんぼ」の着果数を調整しま...... 続きを読む

ページの先頭へ戻る

Copyright©さくらんぼ・ラフランス・蜜入りりんご・だだちゃ豆通販|味の農園 All Rights Reserved.